【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ) - asobulab

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)


【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

同じ太さのロープとロープを結ぶときは「リーフノット(Reef knot)」日本語で「本結び」で結びますが、太さの違うロープとロープを結ぶときはリーフノットではなく「シートベント(Sheet bend)」日本語で「一重継ぎ」で結んだ方が強固に結ぶことができます。

シートベント(一重継ぎ)

シートベントは太さの違うロープ同士や濡れたロープを結ぶときに有効です。

それではシートベントでロープを結んでいきましょう。右側が細いロープ、左側が太いロープという設定です。

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

右側の細いロープを左側の太いロープの上に重ねます。

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

右側のロープを左側のロープの下を通して自身のロープの上に重ねて輪っかを作ります。

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

今度は左手側のロープを右手側のロープの下を通します。

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

左手側のロープの作業端を先程作った輪っかの中に上から通します。

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

あとはそのまま締め上げてシートベントの完成です。

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

裏返すとこんな感じです。

【ロープワーク】シートベント(一重継ぎ)

ロープの通しかたの覚え方は次の通り。

ロープの結び方の覚え方
右手側の細い方のロープを左手側のロープの上下&自分の上、左手側の太い方のロープは右手側の下&輪っかの上から中に通す、と覚えましょう。

 

シートベントの結び方を動画でもご紹介しております。よろしければどうぞご覧ください。

シートベントの結び方をご紹介しましたがいかがでしたか⁉️2本のロープをつなぐシチュエーションは意外とあります。サクッと覚えてキャンプで活用してください❗️